Category Archives: オンラインカジノプレイ日記

ベラジョンカジノの悪い評判からその原因や理由を調査

ベラジョンカジノの評判を調査してみますと、世界中で良い評判ばかりが目立ちますが、中には悪い評判も少なからず見られます。
悪い評判を見てしまうと、ベラジョンカジノへの登録を躊躇される方も多くいらっしゃるかと思います。
しかし実際のところ、これらベラジョンカジノの悪い評判のほとんどは、その人の勘違いやよく調べてないことが原因であり、決して悪いことでは無いことがわかります。

そこで今回は、ベラジョンカジノの悪い評判からその原因や理由について調査してみましたので、是非参考にしてみてください。
これからベラジョンカジノへ登録しようと考えている方は必見の内容です。

ベラジョンカジノは違法で捕まるという悪い評判

ベラジョンカジノで遊ぶと捕まる!ベラジョンカジノは違法サイトだから逮捕される!という悪い評判がありますが、これは大きな間違いです。
ベラジョンカジノは、連邦国家オランダ王国に構成されるキュラソー政府発行のゲーミングライセンスを所持しているため、違法オンラインカジノではありません。

また日本でオンラインカジノをプレイして捕まるのは、国内に胴元がいるオンラインカジノやライセンスを持たない違法サイト、またインカジ店を利用した場合です。
ベラジョンカジノは海外に拠点を置く合法オンラインカジノですので、日本の賭博法は適用されず、お金を賭けても捕まることはありませんのでご安心ください。
ラジョンカジノは違法で捕まるという悪い評判

ベラジョンカジノはイカサマをしているという悪い評判

ベラジョンカジノに限らず、他のオンラインカジノでもよく言われているのが「イカサマ」ですが、この悪い評判はただの噂でしかありません。
確かにずっと負け続けているとイカサマを疑いたくなる気持ちはわかりますが、ベラジョンカジノでは一切のイカサマをしていません。
先述した通り、ベラジョンカジノはライセンスを保持しており、もし一回でもイカサマをすると、苦労して取得したライセンスを即座に剥奪されてしまいます。

またゲームは全てRNGという乱数発生装置を搭載しているため、ゲームの結果は全てランダムであり、イカサマをする余地はありません。
さらに第三者機関による監視を常に受けていることから、イカサマをしたくてもできない運営体制が整っているのです。

ベラジョンカジノのボーナス出金条件が達成不可能なレベルという悪い評判

ベラジョンカジノのボーナス出金条件が達成不可能なレベルという悪い評判
ベラジョンカジノのボーナスは出金条件が厳しい!達成不可能だ!なんていう悪い評判を耳にしますが、決してそんなことはありません。
そもそもボーナスというのは、ベラジョンカジノからのプレイヤーに向けての特典であり、ベラジョンカジノにデメリットはあっても、プレイヤーにはメリットしかありません。

もしボーナスで多額の勝利を掴み、出金条件さえ満たしてしまえば、リアルマネーとして引き出すことができます。
この出金条件ですが、ベラジョンカジノの場合、もらったボーナスの20倍をベットすることになっており、これは他のオンラインカジノと比べてかなり低い数字なのです。

中には40倍をも超える出金条件が課せられているオンラインカジノもありますので、ベラジョンカジノはとっても良心的な数字と言えるでしょう。

ベラジョンカジノは銀行送金による入金ができないという悪い評判

ベラジョンカジノは銀行送金による入金ができないという悪い評判
ベラジョンカジノでは銀行送金による出金は可能ですが、入金には対応していないため、悪い評判としていくつか見受けられました。
しかしベラジョンカジノに限らず、多くのオンラインカジノでも銀行送金は出金時のみとなっており、入金に対応しているオンラインカジノはそこまで多くありません。

またベラジョンカジノでは、クレジットカードはもちろんのこと、エコペイズやアイウォレット、ヴィーナスポイント、仮想通貨、ポイントカップなど様々な入金手段が用意されていますので、銀行送金ができなくても不便に感じることはありません。

クレジットカードで入金した場合に限り銀行送金による出金が可能ですので、他のオンライン決済サービスを持っていない方は、クレジットカードがおすすめです。
以上のことから、ベラジョンカジノで銀行送金による入金はできませんが、数多くの入出金方法が用意されていることから、良い評判の方が多いのです。

まとめ

今回は、ベラジョンカジノの悪い評判からその原因や理由を調査し、勘違いや間違いをご理解いただくために、いくつか解説させていただきました。
ベラジョンカジノはライセンスを所持する合法オンラインカジノですし、胴元も海外にあるため、日本で逮捕されることは一切ありません。
また乱数発生装置の採用や、第三者機関による監視があるため、ゲーム結果を不正に操作し、イカサマでプレイヤーを負けさせるようなことも一切できません。

ボーナスに関しては、出金条件が他のオンラインカジノと比べて緩いため、出金は決して不可能ではありません。
入出金方法も豊富に用意されていますので、これまでオンラインカジノで遊んだことの無い方でも、スムーズにリアルマネーを賭けたゲームを楽しむことができます。
ベラジョンカジノの悪い評判の多くは勘違いや間違った知識で広まっており、ほとんどは良い評判ばかりで埋め尽くされていますのでご安心ください。

ネットカジノ必勝法ハーフストップ法は辞め時を作り出す

ネットカジノ必勝法ハーフストップ法は辞め時を作り出す

「あの時に辞めておけば・・・」ネットカジノをプレイされている多くの方は、一度はこのような体験をしたことがあるのではないでしょうか。
だったら、ネットカジノをプレイしていくうえで重要になってくるポイント「辞め時」を、意識的に作り出せばいいのです。

「ハーフストップ法」とは、ネットカジノで利用できる攻略法の1つになります。
特徴としては辞め時を明確にし、損失が生まれる前に先に利益を確保し、撤退する事に長けています。

カジノゲームをプレイしていると、もっともっとと欲が出て、遊び続けたくなる時もあります。
しかし、辞めるタイミングを間違えると確実に損失が増えるように出来ているのです。
ハーフストップ法をマスターし、収支をプラスにしていきましょう。

この記事では、ネットカジノ必勝法として「ハーフストップ法」をお伝えしていきたいと思います。

ハーフストップ法とは?

ハーフストップ法とは、目標に設定した収益を獲得した後に、半分を確保金として、残り半分を賭け金として使ってゲームを進めていく必勝法です。

得た利益の一部を必ず確保していくため、仮に負けたとしても確実に利益は手元に残ります。
つまり、利益を大きく伸ばしていくわけではなく、ネットカジノにおいて判断がとても難しい辞め時を明確にしていく必勝法となっているのです。

ハーフストップ法の使い方

ハーフストップ法の使い方

まずはプレイするゲームを選びます。
このハーフストップ法において、特にゲーム制限はありません。

次に、目標収益を設定します。
ここでは、分かり易いように「20ドル」としましょう。

ゲームを進めていきます。
順調に勝っていき、目標収益の20ドルに達成しました。

ここから、ハーフストップ法が開始です。
まず収益の20ドルの半分の10ドルを確保金として、置いておきます。
残りの10ドルが賭け金として、使う事が可能です。

利益の半分の10ドルを賭け金として使っていきますが、この10ドルがもし負けて0になる事があったらそこで終了です。
しかし、0になるまで賭け続ける必要もないので、そこは柔軟に対応していくのがおススメになります。

また、目標収益を再設定する方法もありますし、20ドルのままでいく手もあるでしょう。
ここではそのままの20ドルでいきます。

半分の10ドルで賭けていき、目標収益の20ドルに達成したら、また半分の10ドルを確保金として置きます。
そして、残りの10ドルを賭け金として使っていきます。

これを繰り返していきますが、仮に負けて終わったとしても確保金の10ドルはしっかり確保できるのです。
利益をしっかり残し、ゲームを続けて更に収益を出していこうというのがハーフストップ法になります。

ハーフストップ法のデメリットは?

デメリットとして挙げられるのは、最初に設定した目標利益へ到達してからスタートする点です。
つまり、目標利益に到達しなければハーフストップ法は始まらないという事になります。

目標利益に到達させるために、利益を追求していく必勝法などと掛け合わせると効果をさらに発揮するでしょう。

もう1つのデメリットは、やはり自制心にかかっているという点です。
いくら、必勝法で辞め時を設定しているとしても、最後に決めるのは自分になります。
儲けられそうな時は、このまま儲けたいというのがプレイヤー心です。

ハーフストップ法では、半分を確保金として確実に確保します。
これをしっかり守る自制心が、必要不可欠です。

ハーフストップ法のメリット

ハーフストップ法のメリット

ハーフストップ法のメリットとして、他の必勝法と掛け合わす事が出来るという点です。
目標利益を決め、到達したら半分を確保していくだけになります。
掛け合わす事で、更なる効果が望めるでしょう。

もう1つは、リスク管理を考えられるようになるという点です。
ネットカジノを続けていくうえで、リスク管理は大切になってきます。
それをハーフストップ法を通じて、学んでいけるのは非常に有益でしょう。

更に、ハーフストップ法は全てのカジノゲームで利用する事が可能です。
バカラやブラックジャックは勿論、ルーレットやポーカーなどは当たり前です。
ここまで汎用性のある必勝法はあまりないため、ハーフストップ法は必ず覚えておくべきと言えるでしょう。

まとめ

この記事では、ネットカジノ必勝法として「ハーフストップ法」をお伝えさせて頂きました。
ハーフストップ法はとても優秀な必勝法であり、カジノゲームにおいて大切な辞め時がはっきり明確です。

ハーフストップ法を成功するためには、自制心と資金管理が重要になってきます。
しかし、ハーフストップ法を完全にマスターする事が出来れば、安定した利益を上げ続ける事が可能になり、「辞められなくて結局資金を溶かしてしまった」などがなくなります。

また、ハーフストップ法はあくまでも大きく稼ぐことを目的としていません。
他の必勝法とも相性がいいため、是非掛け合わせてみてください。

普段のプレイにハーフストップ法を取り入れ、資金管理とリスク管理を考えられるようになりましょう。

マイクロゲーミング社の信頼性に対するこだわり

通常、オンラインカジノでは、カジノ運営者がゲームソフトを開発するのではなく、専門のソフトウェア会社(ゲームプロバイダー)とライセンス契約を結び、ゲームの供給を受ける仕組みになっています。
それだけにカジノサイトは、ゲームコンテンツの良し悪しで、そのカジノの運営が大きく左右されることなります。

その中でマイクロゲーミング社は、オンラインカジノ業界で大きな流れを築いてきた業界きってのカジノ専門のソフトウェア会社です。

そこでこの記事では、マイクロゲーミング社がどのような会社なのかを見ていくことにします。

オンラインカジノの歴史とともに歩んできたゲームプロバイダー

オンラインカジノの歴史とともに歩んできたゲームプロバイダー

マイクロゲーミング社は、イギリスのマン島に事業拠点を置き、1994年に設立されたカジノ専門のソフトウェア会社です。

オンラインカジノ業界では老舗中の老舗ですが、その歴史と事業歴が長いだけはありません。
今まで同社が手がけてきたゲーム数は非常に多く、同業他社を圧倒する程です。
しかも、ゲームに絶対の信頼性と安定性を持っている点も同社の特徴です。

しかし、設立年の1994年と言うと、オンラインカジノが世間的に認知されていないどころかインターネットも普及し始めようとしている時期でした。

その頃からオンラインのカジノゲームの事業をスタートさせたのですから、オンラインカジノ業界の特性や環境を十分に知り尽くしており、多くのノウハウを蓄積している企業とも言えるのです。

マイクロゲーミング社がマン島に本社を構えていることも、ある意味象徴的なことかもしれません。
マン島がオンラインカジノのライセンスを発行する国としても、知名度の高い地域だからです。

ここで20年以上の経験と実績を築き上げてきたマイクロゲーミング社は、オンラインカジノ業界のパイオニア的な存在であり、今でも業界を牽引する会社なのです。

信頼性を重視したマイクロゲーミング社のゲーム

信頼性を重視したマイクロゲーミング社のゲーム

マイクロゲーミング社のゲームソフトは、世界中の著名なオンラインカジノサイトで採用されています。
それは、同社のゲームソフトウェアの信頼性が高いことを証明していることでもあります。

ネットで行われるギャンブルなのでプレイヤーから見ると、やはり安全性・公平性が万全でないと不安になってしまうのです。

したがって、オンラインカジノにおいては、まず始めにソフトウェアにおける信頼性が最も優先されるべきことです。

その点、マイクロゲーミング社のソフトウェアは、高度な技術力と長年の事業運営で蓄積されたノウハウを駆使して開発されています。

その結果、高い信頼性を確立しているのです。
その一方で、その分ライセンス料やゲーム使用料が同業他社と比べて高額になっている点も特徴的です。

しかし、これがカジノサイトの信頼性を高める要因にもなっています。
マイクロゲーミング社がカジノ事業者とライセンス契約を締結するには、相手側のオンラインカジノサイトの審査を厳しく実施しています。
その結果、会社の経営が盤石で潤沢な資金力を持っているカジノ事業者としか提携をしていないのです。

このことから、マイクロゲーミング社のソフトウェアを採用するオンラインカジノは、信頼性と安全性が高いと判断され、これも同社のソフトを扱っているというステータスになっているわけです。

不正操作ができないゲームの仕組み
この信頼性の思想はゲームにも、しっかりと活かされています。
オンラインカジノでは、不正操作で詐欺的な機能が混じっていないかという不安が付きまとっています。

しかし、マイクロゲーミングのゲームは、公平性も高度な技術で作られています。
乱数発生器によるゲーム進行のテクノロジーを取り入れているために、実際にゲーム結果が出てくるまでソフトの作り手側も予想できない程に安全性・公平性が担保されているのです。

業界トップクラスの技術で作りこまれたゲーム性

業界トップクラスの技術で作りこまれたゲーム性

マイクロゲーミング社の人気の要因は、ゲームの信頼性・公平性だけではありません。
細部まできめ細かく作り込まれているゲームにも同社の特徴が現れています。

高精細で奥深い色域の美しいグラフィック性能
単なる美しさだけでなく、クラシック感のある安定した映像技術にも定評があります。
最近のネットゲームのようなリアリティの高いバーチャル空間の演出だけでなく、往年のギャンブラーも唸るようなクラシカルでレトロ感が満載のゲームに新規のユーザーからも高い支持を集まっています。
これも、長い実績がある同社ならではの強みと言えるでしょう。

安定した通信性
また、通信が安定している点も同社の強みです。
オンラインでプレイするギャンブルゲームなので、プレイヤーの選択したゲームタイトルやベット額等のデータ送受信が発生します。

特にオンラインカジノの専用サーバーは、海外に設置されているので、通信速度が非常に遅くなりレスポンスが悪くなりやすい環境です。
しかし、マイクロゲーミング社のゲームは、データエラーや通信遅延が少なく、安定したサーバーを使用しているので、プレイ中でも致命的なダウンがありません。
通信環境が非常に安定しており、快適でスムーズなゲーム進行が可能です。

マイクロゲーミング社では、会社設立以降、大規模なサーバーダウンが発生していないことを考えると、ここでも同社の信頼性に対する強いこだわりを知ることができます。

まとめ

このようにマイクロゲーミング社は長年の事業運営の中で、いかに信頼性・公正性が重要なことかをよく理解しているのです。

その結果、オンラインカジノ業界のトップランナーとしての地位を確立して、これからも業界を牽引し続けることでしょう。

黎明期から間断なく発展を続けるソフトウェア

今やオンラインカジノがとても大きな人気を博しています。
誰でも手軽に賭ける楽しみを手にすることができるオンラインカジノも、経験豊かなゲームソフトウェア会社の貢献があってのことです。

では、そんなオンラインカジノの有名なソフトウェア会社としては、どのような所があるのでしょうか?

マイクロゲーミング

マイクロゲーミング

マイクロゲーミングは、オンラインカジノのライセンス発行国で有名なマン島をベースに、1994年に設立された業界最大手で老舗のソフトウェア会社です。
この年は、イギリス連邦加盟国である「アンティグア・パーブーダ」という国で、カジノライセンス発行に関する法律が世界で最初に可決された年でもあります。

そのようなタイミングで生まれたマイクロゲーミング社は、カジノ業界では数々の実績とキャリアを積んできた歴史ある企業として君臨しています。

同社のコンテンツは、スロットマシンのみならず、ポーカーや、ビンゴゲーム、ライブカジノのディーラーゲームを含めて、トータル的なギャンブルゲームの種類は幅広く、多岐に渡っています。

これまでリリースされてきたゲーム群は、クラシカルでシック調の高いグラフィックで、サウンドもクリアで高級感のある質感揃いです。
その作品数も他社の追随を許さないほどのレベルで作品数にして、900種類近くにもなりますし、新たなタイトルも毎月発表されています。

また、マイクロゲーミングは、大手の流通や法人と契約を締結してゲーム供給を図っています。
その際、管理運営サーバーの信頼性やオープンなペイアウト情報の提供、スピーディーな払い戻しなどのサービスも契約企業に展開していることから、高い評価を得ています。

ネットエント

ネットエント

正式な社名が「ネットエンターテイメント」の同社は、1996年にスウェーデンで設立されたオンラインカジノのアプリを中心に製作しているゲームプロバイダー会社です。

世界中には、数多くのゲームソフトウェア会社がオンラインカジノ業界にあぷりを提供していますが、ネットエントは、高い品質でありながら、シンプルで扱いやすいゲームアプリで高い評価を得ており、市場で圧倒的なシェア率を維持しています。

元々は、チェリーカジノの胴元企業であるCherry Ab.の関連会社として発足しました。
そんなネットエントは、今まで200以上のオンラインカジノサイトにゲームを提供していますが、スウェーデンの他にマルタやウクライナ、アメリカなどにもオフィスを設置してグローバル展開を図っているので、その勢いは想像できるところです。

ネットエントのゲームの特徴は、ダウンロードをする必要がないことで、グラフィカルなクオリティーが高いにも関わらず、ストレスのない内容に仕上がっています。
特にゲーム画面はとても見やすくなっており、コインやベット表示、獲得賞金なども状況把握は直感的に理解できる作りになっているので、初心者もすぐにエントリーしてプレイすることができます。

同社のコンテンツはJava Flashを利用しているために、ダウンロードなしでゲームをすることが可能で、モバイルでのプレイが一気に世界に広まったのもネットエントの貢献が大きいのと言われています。

Flashタイプのソフトウェアは、一般的にダウンロードタイプよりゲーム性が弱い点が挙げられていましたが、その欠点をクリアしてハイクオリティ画質を作り出したことを考えると、同社の技術力の高さを証明しています。

オンラインカジノは、スマホの普及とともにさらなるプレイヤーの増加に拍車をかけることになりましたが、ネットエントでもモバイルゲームが日夜開発されています。
今ではモバイル専用のオンラインカジノゲーム、ネットエントライブ、プールジャックポットなどと多彩なゲームでプレイすることができ、モバイルユーザーがさんができる機会も増えています。

スマホ片手にいつでもどこからでもエントリーすることができる手軽さが人気で増やしているのです。

プレイテック

プレイテック

プレイテック社は、ネットカジノを始め、SNSゲームなども手掛ける大手ソフトウェア会社です。
1999年にマン島でサービスが開始され、2006年にロンドン株式市場上場している超優良企業になっています。
今では多くのネットカジノサイトがプレイテックのソフトウェアを採用してきますが、それだけ世界中から信頼性の高いソフトウェア会社として認知されています。

オンラインカジノのソフトウェア会社としては、最大手のマイクロゲーミング社とシェアを2分するほどのトップレベルソフトウェア会社ですが、ソフト開発からメンテナンスまで自社で行っている点も同社の特徴です。
そのために、品質・安全性・公平性が多くのカジノサイトから高く評価されています。

ソフトウェアにおいては、グラフィック面、サウンド面の性能が抜群で、ハイクオリティーの仕上がりの作品ばかりですが、全体的にはシンプルで理解しやすい画面上作りになっています。
ゲームのデータサイズも非常に軽いためにプレイヤーからすると、使用する端末に大きく左右される必要もなくストレスを感じさせません。

ゲームの中では、従来からのカジノゲームは当然ですが、独自のスロットゲームや、数億円レベルのジャックポットスロットにと人気が集まっています。

ジパングカジノが日本人に一押しと言われる理由

ジパングカジノについて

ジパングカジノについて

ジパングカジノはフィリピンに拠点を置くオンラインカジノで、2004年にベイビュー・テクノロジー社という会社が創立しています。
ジパングという言葉は日本を指す言葉でもあるため、つい日本の会社が関係しているように思ってしまいますが、ジパングカジノには日本の会社は一切関係していません。

優良オンラインカジノはどのサイトも同じですが、海外政府より運営を許可するライセンスを発行してもらい運営に至っています。
ジパングカジノはフィリピンに拠点がありますので、フィリピン政府からオンラインカジノを許可するオンラインゲーミングライセンスを取得しています。

オンラインといえど、実際にお金が大きく動くギャンブルであるため、ライセンス取得の審査は相当厳しいものとなっています。

公正なサービスを提供していることを示すため、基本的に業務に関して不透明な部分を一切無くさなければなりませんし、使用するゲームのソフトウェアに関しても何万回、何百万回とプレイしても常に公平であるようなランダム性、そして不正を行うことのできない高い安全性を保持していなければなりません。

ジパングカジノはこうした厳しいフィリピン政府の審査をすべて通過することができ、現在もその審査基準以上の水準を維持することができているので、運営に滞りが出ることなく現在まで続いています。

さらにジパングカジノではGLIという世界的に有名な監査機関の監査を定期的に受けています。
GLIはオンラインカジノのみならず実際のカジノ店の監査もおこなっている監査機関で、ゲームのペイアウト率の公表もGLIが行っています。

ジパングカジノのペイアウト率は96%以上というオンラインカジノならではなの高いパーセンテージとなっています。
こうして定期的にGLIの監査を受けていることによって、ジパングカジノは利用者が常に安心して遊べる安全なギャンブルを提供し続けることができています。

業界屈指のソフトウェア会社のゲームを提供

業界屈指のソフトウェア会社のゲームを提供

オンラインカジノはゲームのソフトウェアを外部に委託し利用者に提供しています。
ゲームのソフトウェアはオンラインカジノの鍵となる重要な部分ですので、どこのオンラインカジノも信頼のおけるソフトウェア会社に委託したいと考えています。

しかし、ソフトウェア会社の方もオンラインカジノ側と同じく、安心してソフトウェアを貸し出せる相手を求めています。

ジパングカジノは多くのソフトウェア会社の中でもナンバーワンと言われているプレイテック社と契約しています。
プレイテック社は、オンラインカジノの印象となっている豪華で迫力ある映像とサウンドを作り出したと言っても過言ではないソフトウェア会社です。

オンラインカジノの利用者の中にもオンラインカジノで遊ぶのならプレイテック社のゲームを選びたいと考えている方も少なくはありません。
このプレイテック社のソフトウェアを使用しているということは、一流ソフトウェア会社から認められたという証でもあります。

条件が合わなければプレイテック社側から断る場合もありますので、プレイテック社のソフトウェアを使用できているということからもジパングカジノが信頼性の高いオンラインカジノだと言うことができるでしょう。

完全日本語対応なので安心して利用できる

完全日本語対応なので安心して利用できる

オンラインカジノ選びの基準として日本人がもっとも重要視しているのは、ゲームの勝ちやすさではなく日本語対応となっているかどうかです。
どれだけゲームが勝ちやすくても、画面上に表示される言語を理解できなければスムーズにプレイを続けることはできません。

しかしオンラインカジノのほとんどは英語表示となっているので、日本語に対応しているオンラインカジノは数えるほどしかありません。
その希少なオンラインカジノの1つがジパングカジノなのです。

ジパングカジノはサイトのトップページからすべて日本語表示となっています。
日本語も間違いがなく完璧なので、ジパングカジノがフィリピンの会社により運営されているということを忘れてしまいそうになります。

これはもちろん、パソコンからの利用だけでなく、モバイル版に関しても同じです。
すべて日本語にて表示されるため、自分の知りたい情報もすぐに手に入りますし、ゲームのプレイや入出金も手間なくスムーズに行うことができます。

そして、ジパングカジノではサポートも日本語対応となっているので、気になることはどんなことでも気兼ねなく問い合わせることができます。
電話、Eメール、チャットの3種類の問い合わせ方法がありますが、その中でも1番多く使われているのがチャットです。
音声だけでなく、文字による説明も受けられるので、どんな問題が起こっても素早く解決に向かうことができます。

この日本語でのサポート対応ですが、フィリピン人スタッフではなく、日本人スタッフにより行われています。

日本語ができる外国人スタッフの場合、上手くコミュニケーションを取れないこともありますが、ジパングカジノの対応は同じ日本人がしてくれますので、コミュニケーション面に関して悩むこともありません。

サポートを受けられる時間に関しても、ジパングカジノは営業時間と同じく24時間365日対応を実施していますので、時間に関係なく問題解決のサポートを受けることができます。

勝ちやすさを示す値が非常に高いギャンブル

オンラインカジノは勝ちやすいのか?

オンラインカジノは勝ちやすいのか?

オンラインカジノはギャンブルの中でも勝ちやすい方なのかどうかという点は気になるところです。
海外で運営されているオンラインカジノは、イカサマや詐欺などのイメージもありますので、勝ちやすさについては疑問に感じている人もいます。

そこでオンラインカジノは果たして勝ちやすいギャンブルなのでしょうか。
オンラインカジノをこれから始めたいという方に具体的にこのあたりをご紹介したいと思います。

オンラインカジノは勝ちやすいギャンブル?

オンラインカジノは、勝ちやすいギャンブルと言われています。
その理由として「ペイアウト率」があります。

ペイアウト率は、一言でいえばプレイヤーへと払い戻しされる勝ち金の割合になります。
こちらのペイアウト率が高ければ高いほど、払戻率が高いことになるので、それだけ有利ということになります。

オンラインカジノの払戻率ですが、97%以上であると言われています。
その他のギャンブルについては、パチンコやスロットが80%以上、そして競馬については75%以上であるといわれており、宝くじについては45%程度で最もペイアウト率が低いと言われています。

オンラインカジノは、実はあらゆるギャンブルの中でもペイアウト率が高く、非常に魅力的なギャンブルです。
ペイアウト率が全てというわけではないですが、プレイヤーへと還元される割合が大きいので、それだけチャンスが大きいということになります。

オンラインカジノのペイアウト率は、実はゲームによって差はあるものの、場合によっては97%を超えて98%以上に上ることもあります。
更に各々のオンラインカジノでこのペイアウト率が保たれていて公式に発表されています。

ペイアウト率が高い理由とは何か

ペイアウト率が高い理由とは何か

オンラインカジノのペイアウト率が高い理由ですが、なぜここまでのペイアウト率を保てるのかには理由があります。

まず、オンラインカジノは建物を持たないギャンブルです。
オンライン上でプレイヤーはプレイをすることが出来て、店舗を維持する必要がありません。

このため、莫大な土地代やテナント料、人件費がかからず、経費を削減することが出来るのです。

オンラインカジノは世界中に一箇所、オンライン上に場所があればそれだけで事足りてしまうので、非常にリーズナブルに運営が出来ます。
たとえばこれが宝くじになると店舗の数は多くなりますし、人件費がかかってくるので、ペイアウト率を上げることが出来ません。

しかし、オンラインカジノは経費がかからないので、これだけ高いペイアウト率をキープしても、収益が出る仕組みになっています。

オンラインカジノは特殊なギャンブルですので、それだけ還元率が高くなるのです。

オンラインカジノのペイアウト率は本当?

オンラインカジノのペイアウト率についてですが、本当にこれだけのペイアウト率が保たれているの?と疑問に思う方もいます。
ペイアウト率はインチキやイカサマではないのかと悩む方もいると思います。

しかし、オンラインカジノは自分たちでペイアウト率を計算したわけではなく、外部の監査機関によってペイアウト率が監査された上でこれが公表されています。

オンラインカジノは、運営をするためにライセンスが必要なのはもちろんですが、その後もそのままというわけではなく、外部の監査機関によって定期的にペイアウト率や、不正がないかなどのチェックが入ります。

このため、もしも不正やイカサマがあれば即座にライセンスは没収されてしまいますし、そのような行為をオンラインカジノが行うメリットもありません。
ペイアウト率はこのように外部の監査機関によって監査を受けた上でこれが出されていますので、プレイヤーは安心して遊ぶことが出来るのです。

ペイアウト率は総合のペイアウト率であること

オンラインカジノのペイアウト率はこのように高く保たれていますが、実はこれは全体のペイアウト率であり、個人のペイアウト率ではありません。
全体のペイアウト率なので、一方で80%のペイアウト率を保っていても、一方のプレイヤーは、20%に満たないということもあり得るのです。

ペイアウト率は個人のものではないので、このあたりを勘違いしていると、痛い目に遭ってしまうことがあります。

上記のようにオンラインカジノのペイアウト率は個人のものではないということと、負け続けてしまうプレイヤーも居るということをしっておくようにしましょう。

ペイアウト率は100%にはならないということ

ペイアウト率は100%にはならないということ

オンラインカジノのペイアウト率は非常に高いですが、どのようなマネーシステムを使ったところで、ペイアウト率が100%を超えるということはありません。
オンラインカジノはボランティアではなく、胴元が儲かる仕組みになっているギャンブルです。

このことを理解しておき、全てのゲームにはハウスエッジが存在することを知っておきましょう。

ジパングカジノでスロット解析www

おいっ!! お前ら元気にやってるかwww オレ様は異様に元気だ(笑)
今日は珍しくプレイするカジノを紹介するぞ!!
このブログで初めて(というか記事自体初めてだがw)になるが、ジパングカジノでのプレイ日記を書いてやるんで目ん玉ひんむいてチェックしやがれwww

まぁ、オンラインカジノプレイヤーにとって、ジパングカジノについての説明なんていらね~だろってことで、イチイチ説明はしないがとにかく世界的にも日本国内でも有名なカジノサイトのひとつなわけだwww

オレ様は適当にカジノを選んでいるように思われてるかもだが、あえて今日はジパングカジノでの実践日記を公開してやる(笑)

ってか、久しぶりにジパングにログインしたら微妙に26ドル残ってたから、なくなってもいいや的な感覚でやってみただけなんだけどなw

だから、攻略法うんぬんというよりも「運」のみwww  オレ様の「運」は今年も健在だったみたいだ(笑)

プレイしたのはこのスロットwww ハイウェイプロwww

ジパングカジノプレイ記1

何故か、このスロットはオレ様と相性がが非常に良くてすぐにボーナスに入るんだよなw
まぁ、お前らみたいなもんが真似したところで同じようにはいかないんだろうけどなwww

こいつのいいところはかなり低額でスロットを楽しむことができるところで、ライン数が9ラインで0.01ドルからベットできるので、お前らみたいなポケモンセンターで遊びまくってるサラリーマンの財布にも優しいスロットなわけなのだよwww

ってなわけで、いつもの配当表のチェックからいくぞ!!

ジパングカジノプレイ記2

ようするに1リールと5リールにフラッグ図柄が来ればボーナスゲーム突入となるわけだ!!!

ボーナスに突入すると、トラックを選ぶことができてボーナスゲーム数が発表され、

ジパングカジノプレイ記3

他のトラックトレースをして順位によってボーナスゲームの倍率が決定されるわけwww 最高は5倍もあるぞw

さて、キャッシャー額のチェックだが、さっきも言ったように26ドルしか残っていないところからスタートするぞwww

ジパングカジノプレイ記4

これぐらいなら負けたところで痛くもかゆくもない(笑)

まぁ、0.01ドルの9ラインで0.09ドルづつとは言え、負けるときは一瞬だからなw

そんでいつものように自動スピンを99回に設定してプレイスタート!!!

そしたらあっという間の14回転でいきなりボーナスゲットwwww

ジパングカジノプレイ記5

どうやら今年のオレ様もイケイケみたいだなw ちなみにおみくじは「凶」だったけどな(笑)

そんで、ボーナスゲーム突入後は三台のトラックから好きな色を選びレース開始w

ジパングカジノプレイ記6

オレ様は青色を選んでボーナスゲーム10ゲームをゲット!!! (かなりショボイw)

ジパングカジノプレイ記7

しかし、レースでは1位だったのでマルチプライヤー4倍をゲット!!

ジパングカジノプレイ記8

なんやかんやで、0.84ドルをゲット!!!!
やはり、ベット額が少ないのでどうしても配当を見ると盛り上がりに欠けるが今回は仕方ないだろうw

しかしまぁ、ここから100回転目まではボーナスが引けずちょっと苦戦・・・

しょせん26ドルなのでなんとかなるさ根性で自動スピン99回転を追加してやるw

だがしかし、この99回転もボーナスなしであっという間に消化完了・・・

稲川淳二の「あれれ、おかしいな、怖いな怖いな・・・」的なノリで自動プレイをさらに99回転追加www

そしたら稲川淳二の霊的なものが乗り移ったかのように7回転でボーナスゲットwww

ジパングカジノプレイ記9

しかし今回は12ゲームの2倍とマルチプライヤーが低くてショボボーナス・・・

ジパングカジノプレイ記10

たったの0.77ドル・・・

どうもベット額が低すぎていつものテンション人らない・・・

このままダラダラ展開が続き、ようやく293回転目でボーナスゲット!!!

ジパングカジノプレイ記11

こいつが17ゲームの3倍で・・・

ジパングカジノプレイ記12

0.99ドルゲットwww 1ドルに若干届かず・・・

このまま300ゲームに到達・・・

しかしこのまま負け戦で終わるわけにはいかないので、傾向的にはあまりよくないがさらに自動99回転を追加!!

ジパングカジノプレイ記13

すると、オレ様の無謀な賭けが功を奏したのか331ゲーム目でボーナスゲット!!

ジパングカジノプレイ記14

しかもさっきよりいい、14ゲームの4倍www

ジパングカジノプレイ記15

さらに、ボーナスゲーム中に当たりまくりで6.21ドルゲット!!

やはりオレ様は天才的だなwww

さらに、375ゲーム目でもボーナスゲットwwww

ジパングカジノプレイ記16

こいつが爆裂しちゃったわけよwww

ジパングカジノプレイ記17

0.09ドルベットで15.82ドルwwww

ベット額デカかったら・・・・w

ってなわけで、このまま400ゲームを終了!!!

ジパングカジノプレイ記18

調子も出てきてたんでもっと回してもよかったんだが今日のところは終了(笑)

結果的に35.63ドルになったので9.63ドルの勝利!!!

まぁ、今日はベット額が少なすぎてボーナスゲームもあんまり興奮しなかったが、やはりオレ様は活躍していることが少しは証明できたんじゃなかろうかwww

これはあくまでもオレ様の見解だが、好きなゲームと得意なゲームは違うということを頭に叩き込んでプレイすることが勝つための重要なポイントといえるんじゃないかw

お前らみたいなもんでも、嫁との相性ぐらいは考えるだろうwww